成功するリフォーム業者の選び方

>

リフォーム費用の考え方

リフォームの費用は建物、空間で変わる

漠然と「リフォームっていくらくらいかかるんだろう?予算はどれくらいだろう?」と気になっている方も多いでしょう。
やはり、リフォームをするとなると心配なのが費用です。
しかし、リフォーム費用の相場というのは簡単に示すことができません。
なぜなら、リフォーム費用は建物、空間によって変わるからです。

建物というのは、一戸建てか、マンションなのかの違いです。
一戸建ての場合、500万円以内、500万円~1000万円というのが最も多いです。
マンションの場合、600万円~900万円、300万円~600万円というのが最も多いですが、300万円以内でおさまるケースも多いです。

次に、空間とはキッチン、バスルーム、トイレ、リビングなどです。
キッチンのリフォームと言っても、システムキッチンだけ新しいものに変えるのと、向きや場所なども変え、オープンキッチンに大幅リフォームするのとでは費用に差が出てきます。

リフォーム工事以外にかかるお金

リフォームの場所、どのように変えたいかの希望が決まれば、実際にリフォーム業者に具体的に相談してもらいます。
しかし、この見積もり費用以外に必要なお金もあるので、事前に考えておかなければなりません。

まず、リフォームと一緒に新調すべきものとその費用です。
リフォームと一緒に、家具やカーテンなどを新調される方が多いです。
何を新たに購入するのか、どのくらいかかるのか、リフォーム費用に合わせて考えておくとよいでしょう。

次に、全体リフォームの際の住居費等です。
全体リフォームでは、その家を一定期間離れなければならない場合もあります。
仮住まいの家賃、引っ越し費用、荷物を保管しておくトランクルームなども準備しておかなければなりません。

リフォーム費用は、リフォーム自体の費用だけでなく、それ以外でかかるお金もまとめて予算として考えておくとよいでしょう。


この記事をシェアする